ゲーム

なつかしゲーム「エネミー・ゼロ」

「エネミー・ゼロ」とは1996年にセガサターンから発売されたゲーム。一人称視点の画面から見えない敵を音で探知して倒していく新感覚のシステムでした。

このゲームはかなり難解でセーブするための劇中で使うボイスレコーダーは使う度にバッテリーが減るので全て使うとセーブやロードも出来なかったり、

エネミーと呼ばれる敵を倒すためのエネルギー銃も充電式で各フロアのどこかにある充電する場所を探さないといけないというかなり厳しい仕様。

謎解きの暗号も難しくてそれが全くわからず攻略本にも書いてなかったような気がします。

それが足止めになって攻略することは出来ませんでした。

前作の「Dの食卓」もタイトルだけは知っていたのもあり今作も3Dゲームだし面白そう!とこれまた無謀な挑戦に挑みました^^;

実際やってみて最初のタイトル効果音が怖かったのを覚えています。

初めは銃を持っていないので音を頼りにエネミーから隠れて目的の場所まで行くのもすごく怖かったです。

後になってそういえば最後はどうなったんだろうと気になり実況動画を探してやっと知ることが出来ました。

物語の途中でわかる衝撃の事実や最後はこうなるのかとびっくりすることが多かったです。

全編3Dのシナリオであったこと、戦闘画面も3Dで楽しかった記憶があります。

最後までクリア出来なかったのは残念でしたがとても印象に残るゲームでした。

ABOUT ME
おかし
シルバニアファミリーとミニチュア系に興味あり。ロボットと福山雅治と櫻井孝宏。動物が苦手なのに猫が大好き。好きな言葉はねこげんき