日記

ドラマ「家政夫のミタゾノ」面白さの理由を私の視点で書いてみる

ドラマ 「家政夫のミタゾノ」 面白さ 理由 

テレビ朝日でこの前まで放送されていたドラマ「家政夫のミタゾノ」

最初の頃に面白そうだなと思って途中まで見ていたり見ていなかった時期もありましたが今期放送されていた分は再放送も含めてほぼ全て見ていました。

公式サイト

https://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/

家政婦の・・といえば女優の市原悦子さんが演じた「家政婦は見た!」が好きだったのでそのイメージが今でも強いです^^;

しかし家政夫のミタゾノは別次元の、TOKIOの松岡さんが演じる三田園薫は男性の家政夫さんで、見た目も女装しているのですが背筋がいつもピシッとしていて背が高い分スタイルも素敵に見えるので(あれ、女性だっけ?男性?)と一瞬わからなくなることも。

そういえば初めの頃は劇中では本当の女性の設定なのかな?と勘違いしたこともあったような・・

劇中のミタゾノさんによる家事のお役立ち情報も勉強になるのですが、時に家政夫を逸脱した情報収集能力や鍵を綺麗に開けられたり機械いじりもしたり万能すぎるところが面白いんです。

弱点がお化けにとても弱いこと。雄叫びを上げてひっくり返っていたりしていたのがすごく面白かったです(笑)

そしていつも派遣先では問題を抱えた家族ばかりの中終盤にはミタゾノさんによって家庭間の汚れも綺麗に?お掃除されていきます。

全般的に昼ドラっぽくて時事ネタとか他ドラマのオマージュとかあるので毎回そう来たかと驚きがあります。

脇役で面白いのが第3シリーズから登場しているHey!Say!JUMPの伊野尾さん演じる村田光が劇中ではドジっ子だったり損な役回りだったりすぐ話を信じすぎる癒し的存在なのがこのドラマの好きな部分。

あとはミタゾノさんの誰にでも平等なところが好感だと思いました。媚びないし人によって態度も変えないし、依頼者に言葉で説くのも説得力があります。

厳しさの中に優しさがあるのが好きです。

今期のシリーズで心に残った言葉が「過去を否定することは自分の人生を否定すること」。

面白さの中に色々考えさせられる部分が多いです。

このドラマも第4シリーズまで行きましたからまだまだ続いてほしい作品です。

ABOUT ME
おかし
シルバニアファミリーとミニチュア系に興味あり。ロボットと福山雅治と櫻井孝宏。動物が苦手なのに猫が大好き。好きな言葉はねこげんき