女性の購買意欲をかき立てる『プリンセス・マーケティング』を読んだ感想

谷本理恵子 プリンセス・マーケティング 感想

去年ですがブログの運営において役になるかもと思い立ち買ってみた谷本理恵子著「プリンセス・マーケティング」

書籍の表紙にも載ってある通り「女性」の購買意欲をかき立てる7つの大原則が書かれております。

私は営業関係を経験したことはありませんが一つ手に取って読んでみると男性・女性の買い物志向にも性別の差があって、それぞれの違いをわかりやすく提示しているのですが見るだけでもなかなかに面白い著書。

文字も小さすぎず要点をまとめた教科書みたいにわかりやすい内容でした。

特に自分を主人公にした物語を例える話で男性は冒険の中で成長して英雄になりたい「ヒーローストーリー」に対し、女性は新しい世界で自分らしく生きたい「プリンセスストーリー」とするファンタジー形式は面白かったです。

もし自分が物語の主人公だったらどんな考えでどういった行動をするか男性と女性の違いを明確に表して書かれていました。

男性は武器や装備を増やして一歩ずつ努力する方法を取る反面、女性は本来の場所に戻るのだから努力は不要・魔法で一気に次元の違う世界へとシンデレラストーリーのように違いを提示していました。

確かに同性として考えるとあまり努力したくない気持ちもわかるかも・・^^;ディズニーのお姫様のようにお城で夢見ているような気持ちに近いのかな?

それと悩みに対して女性の場合解決策を出してもらうより気持ちに寄り添ってもらえる方がいいというのもわかる気がする・・人によるのかも知れませんがそうか、大変だったねと慰めてもらう方がより共感されやすいのかもしれません。

他にも意思決定の「中身」の違いだったり、何を信じるか、関係性の築き方の違いも書かれていました。

女性に物を売るマーケティングとしても女性の気持ちを知る上でも役に立ちそうな本です。読んでいて確かにそうかも!と自分で気付かなかった考えも改めて知りました。

女性だけでなく男性の気持ちもわかるので両方の考えを知るきっかけの本になるかもしれません。

ABOUT ME
おかし
シルバニアと小さいものが好き。メカと福山雅治と櫻井孝宏。動物が苦手だけど猫が好き。好きな言葉はねこげんきと空前絶後。