アニメ

『シン・ウルトラマン』デザインワークス買いました!注目のメフィラスや禍威獣が完成するまでの細かいイラストに必見。庵野監督の設定メモや今後の構想も

シン・ウルトラマンのデザインワークスが届いたので読んでみました!情報量が多くてファンの方必見の内容になっています。

ウルトラマンは6ページに渡って完成までのCGモデルや修正案もたくさん載っていました。

最初のCGモデルには初代ウルトラマンのスーツアクター古谷敏さんのデータを取り込んでそこから庵野先生、前田真宏先生が修正指示を出して今の形に。

最初の設定では青色だったそう。公式Twitterからも当時の撮影風景をアップされてましたね。

ネロンガの形状案には竹谷隆之先生が担当。絵が細かくて見応えあります!全部で8ページ。


ちゃんと立体に起こしてフィギュアを造ってからデザインを直したりしていて修正指示の内容からもこだわりが感じられました。

ガボラのドリルみたいな顔のイラストが細かいこと!こちらも竹谷隆之先生が担当。全9ページ。

とにかくイラストがきれいでガボラの体表面のウロコが細かく描かれています。美術面としても興味深いです。

ドリルみたいなのってヒレなんだというのがわかったこと笑 なんだろうと思ってた…

ヒレのない頭部のデザインや立体に起こした造形フィギュアも載ってました。


ヒレを閉じた&開いてる状態の後ろ側も掲載。なんかエヴァの使徒みたいな顔してる。

そのほかゴメスやパゴスなど序盤に登場した怪獣たちもありました。

ザラブ星人は4ページ。モデルさんみたいな細さのプロポーション。にせウルトラマンのCGモデルあり。

こちらの公式Twitterでは黒ずくめの衣装を着せるためにザラブ星人に来てもらっている場面だそうです!かわいい。

メフィラスは必見!8ページもあるデザインの豊富さ。色々な角度からメフィラスが見れます。

山下いくと先生のメフィラス案がすごくカッコいいです!ちょっとロボットみたい。

前田先生の描いたスーツ姿のメフィラス!本来の姿なのが貴重。メフィラスの横顔イラストがカッコいいんです。

手の複雑なデザインのほかに足も描かれていて足の甲が上下に割れる?設定画も。手の指と同じように分かれるみたいです。

表面の質感とか頭部の発光部形状モデルとか、メフィラスにこれでもかとデザイン案が載っていて愛を感じます。

ゾーフィやゼットンのカプセルデザイン案もありました。カプセルデザインがカッコいい。

ゼットンについてはさすがラスボスということもあり16ページも!

幾何学模様みたいな計算されたデザインは前田真宏先生。山下いくと先生が描いたデザインは全身に球体がある生物的な感じ。

ここから前田先生の細かい様々なアングルから描かれるゼットンがすごい。細かいしきれい。

禍特対マークやKATO太くんのデザインに滝くんの数式マグカップも載っていました。マグカップは滝役の有岡さんが書いたものだそう。

ベーターカプセルのデザイン案も10種類くらいたくさん載っていて、その中にいっそもうガンタイプと書かれた銃型のものも。

形状も細かくデザインされていて驚きました。螺旋状のデザインもカッコよかった。

撮影中で使われたベーターカプセル。斎藤工さんはスプーンを使って練習したとのこと。本体はかなり重いみたいです。

写真には2本用意されていてもしかして起動前のとスイッチが押されている状態のと分かれているのかな?

野方電機工業さんが本作のベーターカプセルを製作したとのことで、やっぱり全部金属なんですね。

あとベーターボックスのデザインでメフィラスが持っていたスイッチみたいなの。

ベーターボックスの点火器だそうで、最初に見た時にウルトラマンオーブのジャグラスジャグラーが持っていそうなデザインだと思ってました。かっこいい。

美術ボードも対策本部や移動コンテナラボとか各シーンの画像もあって細かいです。図面もある!

庵野先生のウルトラマンや怪獣の設定メモにも必見でした。

インタビューもあり元々続編の構想があって、続編が最初に描きたかった部分だそう。


過去に自主制作した映画も「帰ってきたウルトラマン」でしたしね。だから駆け足だったのかな?

しかし続編はべらぼうに製作費がかかる問題があり、怪獣攻撃隊の登場が必須なため戦闘機や基地の描写が欠かせないので、次はどのくらい製作費をかけていいのか本作の興行収入にかかっているとのこと。

先日の公式発表で40億円突破したそうでよかった!これは大作だと思ったから大丈夫だと思ってました。

40億円突破記念にゾーフィ&ゼットン名場面が公開されました。高橋一生さんのウルトラマンが聴けるので必聴です。

前から聞いてはいたのですが企画案の中に3部作構想があって、2部は「続・シン・ウルトラマン」、3部は「シン・ウルトラセブン」と続く構成に。

円谷プロダクションの映像事業戦略にも3部作企画が書いてあって、24年から25年に続編、26年から27年に3部作完結の予定みたいです。

庵野先生はかなり疲れているそうで気力が回復したら続編に着手したいとのことでした。

仮面ライダーもあるしお休みしてからいつか書いてもらいたいですね。

ABOUT ME
さざなみ
最近ウルトラマンを見てウルトラ作品に再ハマりしました。 可愛いもの好き・キラキラしたもの大好き いつもサイトを見ていただきありがとうございます。