ゲーム

敵に憑依して戦うローグライトアクションやケモノアクションRPG・クレしん版ぼくのなつやすみのゲーム情報

AUTOMATONからのニュースより面白そうなゲーム情報集めてきました。

敵に憑依して戦うローグライトアクション『Rogue Spirit(ローグ・スピリット)』。対応プラットフォームはPC(Steam)で、今年の8月に早期アクセス配信予定とのこと。

ゲーム動画を見ると、中華風の舞台でプレイヤーであるミドラ王国の王子として幽霊になって?敵に憑依して能力を習得して戦うみたいですね。ほかにも壁をすり抜けたり出来るそうで、それぞれ戦い方が違っているようで面白そう。

憑依するって所がむかし遊んだ攻殻機動隊のハッキングコマンドを思い出しちゃいました。

次はケモノアクションRPG『バイオミュータント(BIOMUTANT)』。

PC(Steam)/PS4/Xbox One向けに5月25日発売予定(Steam版は5月26日配信)。ゲーム内は日本語音声・字幕に対応。PS4版はパッケージ版も発売予定。

舞台は文明崩壊後の世界で、疫病で生命の樹が枯れようとしている中ここで暮らす種族が分裂。主人公である小さなケモノがこの世界の運命を決める旅に出るという設定。

ゲームのプレイ方法は射撃と近接攻撃を組み合わせたシステムと武器クラフト要素があるとのこと。

画面がめちゃめちゃきれいですごい!乗り物に乗ったり空飛んだり風景をながめるのも楽しみの一つだね。

クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」~おわらない七日間の旅~』7月15日発売。

Nintendo Switchより発売。通常パッケージ版・6580円(税込)、数量限定のプレミアムボックスが8980円(税込)。

かつてプレステで発売していた『ぼくのなつやすみ』のクレヨンしんちゃんバージョン!めちゃめちゃ夏じゃん。画面がすごいきれい。テレビで流れてるアニメを自分で動かしてる感じ。

『ぼく夏』シリーズ監督を務めた綾部和氏が手がけているとのこと。

『ぼくのなつやすみ』は実況動画でしか見てないけどどこか懐かしくていつでも夏を感じられるゲームだった。今思うと虫が取れたりどうぶつの森的な要素があったんだね。

ABOUT ME
さざなみ
どんな結果でも自分が後悔しないように