アニメ

映画『シン・ウルトラマン』を見て思ったことを書く/その2(ネタバレあるので注意)

映画『シン・ウルトラマン』で気になったところその2。

以下ネタバレあります

怪獣と戦っていてスペシウム光線が使えない時にウルトラマンがいきなり360度大回転アタックしたのがめっちゃびっくりした。

あとメフィラスのベータシステムを奪取するために禍特対と協力してヘリにベータシステムを投げ入れるところ!見なくてもちゃんと位置がわかってるのがすごいかっこいいと思った。

神永さんと融合したウルトラマン(リピア)も人間たちやメフィラス、ゾーフィとの狭間で苦悩していたけど最後の方で人間と生きていく覚悟を決めたところ(?)が好きかな。

メフィラスと居酒屋で話していた時も日本酒グラスをちょっと強めにドンと置いたりとか彼の方針に強い反対の意思を示していたんだろうと思われる部分が印象的だった。

外星人だし人間とは次元の違う考え方だけどここの辺りは神永(ウルトラマン)の意思表示が強く出てたような気がしてた。いい人なんだなって。

森の中で人間の神永が消えたところとドッグタグを首に掛けたところ。あれはリピアが神永と本当の意味で一体化したのではないかと考察されていた話が好き。

あと、これ言っていいのかなって迷って書かなかったんだけど滝が「人間は小さな生き物」と言っていた話で前の私だったらそう思ってたけど今は違うなと思っていて、

本当は一人ひとり偉大な存在であって自分の考え方次第でどのようにこの世界を見立てるのかも自由であること。

「一人一宇宙」という言葉を最近知ってそれが好きなんだけど100人いれば100通りの考え方があって皆それぞれの世界を持っている話。

マザーテレサもこんなことを言っていたそうで、「できないのではなく、できることが違うだけです」。人間の命に優劣はなく、ただ一人ひとり、与えられた使命が違うだけ。

弱肉強食の考え方も人間からそう見えるだけで自然はただそのまま動いているだけなんだなと前と今とで違うように見えるかな。

たしかウルトラマンは劇中で人類のことをまだ幼いと言っていたけどあれって人を下に見ている感じじゃなくて客観的に見てそう言っているのかなと思った。

優越感も劣等感も手放す無の状態に近いというか、悩んでも激しい感情もなかったし常に静かでそれでも自身の意思は強いみたいな。

長澤まさみさん演じる浅見弘子が毎回?自分のお尻を叩いて気合いを入れてるような描写があったんだけどあれなんだろうと思ってて、ギャグなのかなと。

でもちょっとおもしろいかも。浅見さん自身も面白キャラだった。

ゾーフィが将来人間たちが脅威になるかもしれないとゼットンを使って消滅させようとしていたのは、
初代でのゼットン戦を描きたかったからああいった流れになったのかな。

でも元々光の国の人たちはそこまでするような感じではなかったから、あれって不思議になったけど庵野先生からすると過酷な状況に置いた時のウルトラマン自身の人間たちへの想いを表現するためだったのかなって。

庵野先生が昔自主制作映画で帰ってきたウルトラマンの映画を作っていたそうで、その一部分に書いてあったウルトラマンを「神」に例えているところから、

元々ウルトラマンはキリストからイメージされていたとか聞いたのでたしかにあの献身的な自己犠牲はそうかもしれないと私も思っちゃった。

続編への意欲もあるようで、もし当時の『帰ってきたウルトラマン』が別人ではなく、シンでは本当に一度いなくなったウルトラマンをキリスト復活のようにするんじゃないか…そんなことを考えてしまった。

あれ、最後って消えていなくなっちゃったんだっけ。死んでいないと思ってたけど展開が早くて理解するのにがんばってたからよくわからなくなった(;^_^A

あとちょっと気になってたのが映画ポスターのウルトラマンの後ろ姿がめちゃめちゃかっこいいなと思ってて、もう一つのポスターでも横顔がすごくきれいだと思ったこと。

CGだから背中のファスナーがない分広背の筋肉がめっちゃあってびっくりしたっていうか、かっこよくて顔のデザインもこんなにきれいだったっけ?なくらいいつもと違う雰囲気を感じた。

ゼロとノアが好きだけど今ここにシン・ウルトラマンがランキング入りしようとしている。というかもうなった。

こんなにかっこよかったっけ。生き様とか強い意志の人にめちゃめちゃ弱い。

Penの6月号でウルトラマン特集が載っていると知ったのでさっきkindleで買ってみた!表紙がめちゃめちゃかっこいいし中身も充実してます。

シン・ウルトラマンのキャストインタビューとか過去のウルトラマンの紹介やグッズなど詳しく載ってました!

キャラクターとして誰かに似てる・・と考えた時にBLAME!の霧亥に近いかもしれないと思った。淡々としていて、一貫しているところ。

ゼロは少年ジャンプ系のイメージ。幽遊白書の幽助とかナルトとか。戦闘スタイルはドラゴンボールから取り入れているそう。

横顔がほんとに弥勒菩薩に似てるなと思うし背筋がぴっと伸びててかっこいい。

姿勢のことで解説してくださった方がいてそういえばこんな感じに立ってたよね。

2回目見に行っちゃおうか、でも最後の方はなんだか見るのが苦しくて配信始まるまで見ないでおこうか迷っている。

どなたかのnoteでウルトラマンに対して色々な感情を持ちつつそれでも大好きなんだろうなと思える程の想いの丈を読んでそういうのって素敵だよね。いいなあ。

紹介していいのか迷ったけれどこの方のnoteが好きでお気に入りです。

ウルトラマンへの気持ちの寄り添いや一人で傷を負い完結していることへの憤りとか、彼に対して強い気持ちがあふれててうんうんと頷いていました。

がんばれなんて簡単に言えないよね。痛いとかわからないように見えてて本当はきっと痛いよね。気付いてちょっと反省した。

ほんまそういうとこやぞウルトラマン(シン・ウルトラマン感想)

https://note.com/egg_tamagooooooo/n/nd2202af8af39

※追記:2回目!今日見に行った。気持ちがはちゃめちゃになるんじゃないかって一瞬過ったけどそうでもなかった。なんか夢みたいだった。

1回目だとついていくのに大変だったけど2回目はもうちょっと落ち着いて見れた。

最初にウルトラマンが現れた時って体の赤い線も灰色だったけど顔もなんかちょっと違うような?なんていうかほんとの初期のころの顔みたいな感じ。

ガボラだっけ、ドリルが開いて顔が出てきた時に禍特対の方を見てたところ。戦ってる時に近くに人がいたら気にしているような素振りがウルトラマンらしいというか好きポイント。

光線を受け止めるのも絶対大変そうだなと思いながらもジリジリ近寄ってからの正拳突き!めっちゃかっこいい。ガボラを持ち上げて後ろを少し振り向くところめちゃめちゃかっこよすぎ。

ウルトラマンの正体が神永さんだとわかっても禍特対のみんなは彼を仲間だと思っている節とか、いなくなった時も誘拐されたんじゃないかと推察していたところとか、ニセウルトラマンが出た時も班長たちが本物を待っているところとかが良かった。

禍特対からの信頼があったからこそウルトラマンも人間を信じてベータシステムの原理を教えたりしたんだろうな。

ザラブ戦でも浅見さんが落ちた時にそのままキャッチするんじゃなくて衝撃を抑えるために自分の体を落としつつ下に降ろした時の頷き!あれだいたいウルトラマンがやってるやつ!

あとニセウルトラマンは目が尖ってるのに対してウルトラマン(リピア)は目が丸くてかわいいことに気が付いた。横から見るときれいで正面もかっこいいけどなんかかわいい。

メフィラス戦が終わった後も変身を解かずに禍特対が乗っているヘリを無事に降りるまで見守っていたのはきっと政府から攻撃されないためなんだろうなって2回目でやっとわかった。

ほんといい人過ぎだしいくら人間神永が子供をかばって感心持ったからといってそこまでするのか?!ってくらい献身的すぎる。ばか正直と言えばいいのか・・

図書室で野生の生態みたいな本を読んでいたような。たしかに人間は動物だからね(;^_^A

神永さんの机にいつの間にか本がなくなって代わりにテトラポットのマスコットが置いていたのが気になる。あれに何か意味があるのかな?

ウルトラマンは基本的にいい人すぎる人たち・・と聞くとあのやんちゃ坊主だったゼロも立派な戦士になったくらいだし元々そういう人たちなのかも。

ゾーフィの色は1回目見た時はあんまりよくわからなかったんだけど2回目でフィギュアーツと同じ金と暗い緑色だった。デザインがすごくカッコいい。

雰囲気、見た目からして他のウルトラマンたちと何かが違う。メフィラスが急に退いたのもよほど何かあるんでしょう。

あの人も悪い人じゃないとは思うけど、仕事に忠実なんだろうね。リピアが現場判断で対応している違い。それでもけっこう色々やってる気がする。光の星に動向が知れ渡るくらいには(;^_^A

ゼットンとの戦いで一度負けちゃった時にいつもならここでパワーアップアイテムが出るのになあとふと思ってしまった。おもちゃ販促、テレビシリーズなら出てきそうな場面。

最後にウルトラマンがいなくなったとは思えなくなってきてなんかありそうだなと根拠のない予感がしてる。

初代は一度死んで、ゾフィーによって生き返って光の国に帰ったけど「帰ってきたウルトラマン」では別のウルトラマンが主人公だったとか。

もっとウルトラマンの物語が見たいというか、こんなにかっこよかったっけていうくらい戦闘シーンがめちゃめちゃよかった。

お話の中で彼が不憫すぎてもうちょっと幸せにさせてあげて、と思う。一番苦労してるでしょ。

エンディングの米津さんの歌が本当にお話の通りに沿っているのだなと最後まで聞いてた。

ゾーフィも最初は怖かったけどかっこいいからフィギュアーツほしくなってきた。もちろんウルトラマンも。

ABOUT ME
さざなみ
最近ウルトラマンを見てウルトラ作品に再ハマりしました。 可愛いもの好き・キラキラしたもの大好き いつもサイトを見ていただきありがとうございます。