動画

10年前に流行った黄色いロボット『キーポン(Keepon)』を思い出す

多彩なロボットが展示されている『きみとロボット展』の写真を見ていてふいに思い出したんですけど、10年くらい前に知った黄色くて団子みたいなかわいいロボットが外国で流行ったとかで、名前なんだったかなーキーボーだったかなーとGoogleで検索してたら!見つけました!

そう!『キーポン(Keepon)』なんですよ!

うおおおお懐かしいいキーポンなんだよお泣

このキーポン(Keepon)は東北大学の教授さんが開発したとのことで、元々は人とのコミュニケーションの際に視線や顔の向きから相手が見ている対象物を一緒に見る行動を赤ちゃんを対象に研究するものとして作られたそう。

最初は人型のロボットを使って実験しようとしたら怖がられてしまったのでそれでこの可愛い形のキーポンが誕生したのだとか。

自閉症治療や研究にも利用されたそうです。

こちらに詳しく経緯が書かれています。

Keeponの産みの親・小嶋秀樹先生に聞いた、ロボット開発で「人間らしさ」を研究する話【コモさんの「ロボっていいとも!」】

https://note.com/unityjapan/n/n9d5fe4628258

このキーポンは海外のアーティストのミュージックビデオとコラボして大人気になり、おもちゃ版のキーポンも発売されたんですよね~

音楽に合わせてダンスしているのがめちゃめちゃ可愛くて、しかも動いている時に体がふにゃっと柔らかく動くのがまた可愛いんですよ!

なんか昔流行ったダンシングフラワー?花の形をした音に合わせて踊るおもちゃを思い出しました。

こちらの方の実験動画でもキーポンが使われています。頷く動作が上下に動くのでそれがめちゃめちゃ可愛いんです。

動く度に効果音が鳴るのがめっちゃ面白いし、ちゃんと人の動きを視線で追ってるのがいいんですよね。

ちなみに思い出したきっかけは先に紹介した『きみとロボット展』にて弱いロボットのポケボー・ジュニア。もののけ姫のこだまみたいな可愛いロボットたちがひそひそ話をしているのが可愛くて。

ずっと前に『弱いロボット』という完璧ではなくどこか欠けているロボットたちのことを知る機会があって関連記事の方も考え去られるものでした。MGSのメタルギアを開発したオタコンもロボットには欠点がある方が可愛いみたいなセリフを思い出しました。

助けがないと何もできない〈弱いロボット〉が教えてくれた、いま私たちに足りないこと

https://www.recruit.co.jp/blog/guesttalk/20200325_429.html

2030年にはテクノロジーが加速する時代に入り目まぐるしく世の中も変わっていくと予測されています。AI自身が描く絵も急速に発展して話題を呼んでいます。

でもこんなキーポンみたいな可愛い親しみのあるロボットが普及したらめっちゃ面白そうです!

ABOUT ME
さざなみ
最近ウルトラマンを見てウルトラ作品に再ハマりしました。 可愛いもの好き・キラキラしたもの大好き いつもサイトを見ていただきありがとうございます。